BLOG

ホーム > ブログ > パーソナルトレーニングでリバウンドしづらい生活習慣づくりを

blog

パーソナルトレーニングでリバウンドしづらい生活習慣づくりを

効率的な運動方法として注目を集めているパーソナルトレーニング。せっかくダイエットに成功したのに、ジムを解約したらリバウンドしてしまった…という方が見られます。
この問題は、パーソナルトレーニングを受けているうちからリバウンドの仕組みを理解し、きちんとした食事習慣、生活習慣、運動習慣を身につけることで解決できます。

この記事では、リバウンドの仕組みや原因を解説し、リバウンドを防ぐ方法をご紹介します。パーソナルトレーニングでダイエットをお考えの方は、是非参考にしてください!

パーソナルトレーニングを受けているのにリバウンドすることがあるの?

「パーソナルトレーニングを受けているのに、リバウンドすることがあるの?」

この質問に対する答えは、残念ながら”YES”です。さらに言うと、パーソナルトレーニングを受けていても一向に痩せない…という方もいらっしゃいます。それは、生活習慣=主に食事習慣と運動習慣が原因であることが多いです。

リバウンドの仕組み

そもそも、私たちはどうして太ったり痩せたりするのでしょうか。これにはさまざまな要素が関係しているとされていますが、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、その分は脂肪として身体に蓄積されていきます。

リバウンドも同じことで、それまで摂取カロリーが消費カロリーを下回るようにされていたものが、ダイエットをやめて摂取カロリーが消費カロリーを上回るようになると体重は増えていきます。

では、カロリーの摂りすぎはどうして起こるのでしょうか。

リバウンドの原因

リバウンドの原因は、次の4つに大きく分けられます。

  • 食事習慣
  • 運動習慣
  • 睡眠不足
  • ストレス

 

以下、順番に見ていきましょう。

食事習慣

まずは、食事習慣です。
無理な食事制限はリバウンドしやすい、という話を聞いたことはありませんか?ダイエットが終わり、普通の食生活に戻したことで無理な食事制限で無理矢理低く抑えていた摂取カロリー数が増え体重が元に戻ってしまいます。

パーソナルトレーニングでは、無理な食事制限はさせませんが、健康的な食生活で痩せたとしても、痩せた後に食事のバランスを崩してしまったり、高カロリーなものばかり食べていたりすれば、リバウンドしてしまいます。パーソナルトレーニング中に指導を受けていた食事の注意点を、パーソナルトレーニングが終わった後も意識して継続していく必要があります。

運動習慣

次に、運動習慣です。
食事制限でも体重を落とすことはできますが、より健康的にダイエットするには、運動習慣をつけることが欠かせません。また、筋肉量が多い方が基礎代謝が上がりますので、より効率的にエネルギーを消費することができます。

トレーニングマシンは効率的に筋肉を鍛えることができますが、使い方を間違えると怪我の元になります。パーソナルトレーニングでトレーナーからマンツーマンで見てもらっているうちに、正しい使い方、自分に合ったトレーニング方法、それから継続する習慣を身につけておきましょう。

睡眠不足

睡眠不足も、リバウンドの原因になります。
睡眠時間が不足していると、「レプチン」という食欲を抑えるホルモンの分泌が弱まり、「グレリン」という食欲を増進させるホルモンの分泌が高まります。その結果、普段以上に食欲がわき、暴飲暴食しやすくなってしまいます。

ストレス

最後は、ストレスです。
ストレスを感じると、体を守るために「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。コルチゾールは、「セロトニン」という食欲抑制作用のあるホルモンの働きを抑制してしまいます。

また、そうでなくても、人はストレスを感じると、むしゃくしゃとした気持ちを晴らそうと暴飲暴食しがちになります。自分なりのストレス発散法を見つけて、ストレスを溜め込まないように心がけましょう。

パーソナルトレーニング中にリバウンドしづらい生活習慣を身につける

先にも述べたように、パーソナルトレーニングを受けてダイエットに励んでいる最中から、リバウンドしづらい生活習慣を身につけるようにしましょう。具体的には、以下のことに気をつけましょう。

パーソナルトレーニング解約後の生活をイメージする

はじめに、パーソナルトレーニング解約後の生活をイメージしましょう。

パーソナルトレーニングの契約期間中は、最低限の運動時間が確保されるでしょう。また、多くのパーソナルトレーニングでは食事指導もプランに含まれており、食事の内容や写真を送るように指示されていることが多いです。そのため、良くも悪くも「行かなくては」「きちんとした食事を取らなくては」という気持ちになります。

しかし、パーソナルトレーニングを解約してしまえば、トレーニングを休んでも心配してくれるトレーナーはいません。食事内容について注意されることも、食事時間や食事量について何か言われることもありません。

パーソナルトレーニング解約後のリバウンドを防ぐためには、強い自制心を持ってトレーニング中と同じような生活を送ることが必要です。

関連記事>>ダイエットのモチベーションを上げる方法【9選】

食生活を見直す

食生活も見直しましょう。
パーソナルトレーニングを解約し、食事内容の報告がなくなると、食生活は元に戻りがちです。
特に、揚げ物などといった高カロリーなものが好きな方や、お酒が好きな方は要注意です。好きなものを我慢し続けることはストレスが溜まる原因にもなるため良くありませんが、普段はダイエットを意識した食生活を心がけて、高カロリーなものやお酒は摂取する頻度を下げましょう

また、食事の記録を取る習慣をやめないだけでも、自らの食生活を客観的に振り返ることができるためおすすめです。

関連記事>>ダイエットで効果的に痩せるためにおすすめの食事方法を紹介

生活習慣を見直す

生活習慣を見直して、規則正しい生活を送りましょう。

食事習慣、運動習慣だけでなく、睡眠時間などもリバウンドには影響します。健康的な生活習慣を心がけると共に、電車通勤なら一駅前で降りて歩く、エスカレーターでなく階段を使うなど、生活の中に少しでも運動を取り入れましょう

運動を続ける

運動は続けましょう。
運動をやめてしまうと、筋肉量は次第に落ちていき、基礎代謝も下がります。運動を続けることで基礎代謝も体力も維持され、リバウンドしづらいだけでなく、健康維持にもつながります。

リバウンドが心配な人に贈るパーソナルトレーニング選びのポイント3選

リバウンドが心配な方は、以下のような視点でパーソナルトレーニングを選ぶとよいでしょう。

ポイント①続けられる食事指導をしてくれる

まずは、続けられる食事指導をしてくれることです。高タンパク低脂質な食事は健康にもダイエットにもいいですが、あまりにも日常の生活とかけ離れたものだと続けるのが大変です。無理なく続けられる食事指導をしてくれるところを選びましょう。

ポイント②長期的に生活を変えられるサブスク型

定額で、月に何度でも通いたい放題のサブスクリプション型のプランを用意しているパーソナルトレーニングジムもあります。

曜日や時間が固定されていないので、急な残業で行けなくなってしまったという時や、逆に出先から直帰することになったのでいつもより早く帰れるなど、都合に応じて好きな時に通うことができます。

ポイント③リバウンドサポートがついている

週2回程度の一般的なコースや、「サブスクコース」の他に、アフターフォローを目的とした月1、2回程度の「メンテナンスコース」や、「アフターフォローコース」を用意しているトレーニングジムもあります。

また、回数券や都度払いプランを用意しているところもあります。
こういったコースを利用することで、定期的に食生活や運動習慣を見直すことにつながります。

パーソナルトレーニング中からリバウンドを意識して生活していこう

ダイエットは、痩せることが目的ではありません。痩せて、その体型を維持し、健康的な生活を送ってこそ、初めてダイエットに成功したと言えます。

パーソナルトレーニング中にトレーナーの指導を受けながら、健康的な食事習慣、運動習慣、生活習慣を身につけることが、ダイエット成功への近道です。

パーソナルトレーニングを受けている最中から、パーソナルトレーニングが終わったあとの生活を意識し、ダイエットを成功させましょう!

明石市のパーソナルトレーニングジムならYOLOfitness

本気で痩せたい方を全力サポートします!

お申し込みはこちらからどうぞ↓

無料カウンセリングはコチラ

監修者

監修者の写真

ナディ

代表 トレーナー

ナディ

代表 トレーナー

<保有資格>

  • NESTA – PFT(国際パーソナルトレーナー)
  • 健康運動指導士
  • TRX –  SFC認定トレーナー
  • adidas performance training 認定トレーナー

<入賞経歴>

  • NPCJ大阪2017 フィジークノービス 3位
  • ベストボディジャパン2017 神戸大会 入賞
  • ベストボディジャパン2016 神戸大会 ファイナリスト

<プロフィール>

プロフィールはこちら

<SNS>

公式Youtube

SHARE

ブログ一覧

\  タップしてナディに相談  /